FC2ブログ

今日のこんなこと。

いろんなコトちょこちょこ。お試しやオススメも。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すきまのおともだちたち (集英社文庫)すきまのおともだちたち (集英社文庫)
(2008/05/20)
江國 香織

商品詳細を見る


最近良く読む、江國さんの作品。

絵本の翻訳もされているので、また絵本?と思っていたけれど。

ちょっと違いました。

ファンタジーなのかな?

ボリューム的には一気読みできちゃう。

最初、主人公は男性なのかな?と思ったんだけどね。
(オビみたときに勘違い)

女性でした。

記者の女性が、ふと迷い込むのは現実?夢の中?

夢にしてはとてもリアルで、不思議な世界。

小さな女の子と一緒に暮らす「お皿」
この「お皿」は車の運転もするし、おしゃべりもできる。

すきまの世界ではすべてのものがおしゃべりをして、感情を持つ。

何がなんだか分からない主人香

でも、とても懐かしくて居心地が良い・・・

読んでいるうちに、読み手のこちらまで「すきま」の世界に引き込まれます。

一度だけでなく、何度も、唐突に「すきま」の世界に入り込むことになるのですよ。

もう少し若いころだったら、感じ方が違ったかもしれないけど。

今の私には理解ができるラスト。

ほんわかとした気持ちになる、一冊です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kokohiyo.blog115.fc2.com/tb.php/497-ca778ab9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。